商談を済ませて加奈子とセックスへ

「では、こちらで進めておきますね」

僕は商談相手にそう言って、見積書を手渡し、客先を後にした。

午前11時。

まだお昼前だ。

先日、このサイトで出会った加奈子にメールする。

「仕事終わったよ。迎えに行くよ」

加奈子とのセックスを想像しただけで、下半身が熱くなってくるのがわかる。

加奈子はスレンダーながらも、柔らかいオッパイの持ち主だ。

高校時代に水泳をやっていた賜物か、オマンコの締まり具合もよい。

キュッキュッとリズミカルに締め付けてきて、すぐに僕のオチンチンはものすごく固くなる。

加奈子のオマンコを想像して、家の風呂場でオナニーしたこともある。

妻は知らないだろうけど・・・

 

メールの返信が来た。

「例の喫茶店まで行くわ。近くだと、他の奥様が見てるかもしれないから」

「わかった。じゃあ1時間後に」

「うん」

僕はだんだん股間が膨らんでくるのがわかった。